野村アセット「米国ハイ・イールド債券投信(レアル)毎月」が分配金を減額 過去最低の30円に

野村アセットマネジメントが運用する「野村米国ハイ・イールド債券投信(ブラジルレアルコース)毎月分配型」(01315091)が25日の決算で、1万口あたりの分配金を前月より20円安い30円に引き下げた。2016年9月以来1年10カ月ぶりの減額で、09年1月末の設定以来の過去最低水準。

同ファンドは米ドル建ての高利回り事業債(ハイ・イールド・ボンド)に主に投資する。為替取引手法の異なる9コースから選ぶ通貨選択型で、今回の決算でブラジルレアルコース以外に6つのコース(円、ユーロ、豪ドル、南アフリカランド、トルコリラ、通貨セレクト)もそれぞれ過去最低水準まで分配金が引き下げられた。

ブラジルレアルコースの純資産総額(残高)は25日時点で1224億円と、9コースの中で規模が最も大きい。1万口あたりの分配金が250円だった11年には残高が6500億円を超えるなど人気を集めた。直近1年は資金が流出し、残高が減少傾向にある。6月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス10.37%だった。

野村アセットマネジメントは分配金を引き下げた理由を「基準価額水準や市場動向等を総合的に勘案」したとしている。

◇野村アセットマネジメントの発表資料はこちら

2018年7月25日決算の分配金について

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. アムンディ「日興レジェンドイーグル」が分配金を減額 5年半ぶり低水準

  2. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

  3. 「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

  4. 三菱UFJ国際「ワールド・リート・オープン」、分配金を減額 過去最低の20円に

  5. 大和住銀「短期豪ドル債オープン」、分配金を減額 過去最低の10円に

  6. ニッセイAMの「ラッキー・カントリー」、分配金を100円に減額 過去最低と並ぶ

  7. 「ダイワ高格付カナダドル債」が分配金減額 過去最低の15円に

  8. 三菱UFJ国際「花こよみ」、分配金減額 過去最低の15円に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP