アライアンス「米国成長株C」の残高が1000億円を突破

アライアンス・バーンスタインが運用する「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型」(39311149)の純資産総額(残高)が1000億円を突破した。9日時点の残高は1003億円。

同ファンドはS&P500種株価指数(配当金込み、円ヘッジベース)をベンチマークとし、イノベーションによって進化を続けると見込んだ米国株式に投資する。5月末時点の組み入れ銘柄数は46で、上位にはアルファベット(GOOG)やフェイスブック(FB)、VISA(V)が並ぶ。

6月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は19.32%。大手証券などで販売が伸びており、直近4カ月は毎月100億円以上の資金流入超が続いている。

「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」は、年決算回数の違いや為替ヘッジの有無によってA~Dの4コースがある。このうち残高が最も多いのは毎月分配型で為替ヘッジなしのDコース(39312149)で、9日時点は1759億円だった。Cコースの残高は2番目に多い。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 「ゆうバランス(安定成長)」残高が1000億円突破 ゆうちょ銀で販売

  2. フィデリティの運用担当者「米国のREITとハイイールド債は堅調」

  3. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  4. 大和投信「杏の実」が分配金引き下げ 過去最低の10円に

  5. アセマネOneの元本確保型「プライムOne」、第3弾は151億円

  6. フィデリティ「USハイ」残高7000億円割れ 国内最大、ピークのほぼ半分に

  7. 東京海上AMの「円奏会(年1回決算)」 残高が1000億円を突破

  8. 投信、「国内株」✖「新興国株」でリスク抑制 11月末の相関係数

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP