投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)について、2018年上期(1~6月)の動向を運用会社別に集計したところ、純資産総額(残高)の増加額はBNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパンが3044億円で首位だった。「モビリティ・イノベーション・ファンド」(85311181)の資金流入超過額が推計で3108億円に達するなど人気を集めたことが寄与した。レオス・キャピタルワークス、三井住友トラスト・アセットマネジメントが続いた。

一方、資金流入超過額は日興アセットマネジメントが推定4649億円で最大だった。「グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2回決算型)」(02312158)などに資金が流入した。2位はBNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン、3位は三井住友アセットマネジメントだった。

2018年上期の残高増加額と資金流入額の上位30は以下の通り。残高とファンド本数は6月末時点。

(注)QUICK資産運用研究所調べ。対象はETFを除く国内設定の公募追加型株式投信(単位型は含まない)。償還ファンドも考慮し、償還額は解約額に加算。資金流入額は投信の設定額から解約額を差し引いた値で概算推計値。▲はマイナスで減少または流出。運用増加額は純資産増加額から資金流入額を引いた値で、運用のみによる増加額を意味する(概算値)。純資産増加額=資金流入額+運用増加額。分配金支払総額(概算値)は1~6月の合計値で、資金流出額には含まれず、分配しなかった場合に比べ、運用増加額が分配金支払総額分だけ減る。億円未満は切り捨て。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信残高の増加額はレオスが首位、2位に日興アセット 2017年度の運用会社別

  2. BNYメロン「モビリティ・イノベーション」が資金流入トップ 2018年上期の投信

  3. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  4. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  5. 年1回決算の株式型ファンドが躍進 2017年度の投信残高

  6. 相場急変の2月、JPモルガンとレオスは増加 運用会社別の投信残高

  7. 野村アセット、2年半ぶりに10兆円台を回復 1月末の運用会社別投信残高

  8. 「ひふみプラス」、残高で3位に浮上  「ゼウス」抜く

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP