三菱UFJ国際投信、「eMAXIS Slim」の信託報酬引き下げ 業界最安に

三菱UFJ国際投信は3日、指数連動型(インデックス型)の投資信託「eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)」シリーズ10本のうち3ファンドの信託報酬を7月25日に引き下げると発表した。3本はいずれも業界最安と並ぶ水準になる。

今回引き下げるのは「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」(03319172)と「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」(0331C177)、「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」(03312175)の3本。

同シリーズは「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」という方針がある。ニッセイアセットマネジメントが6月29日にインデックスファンドシリーズ12本のうち6ファンドの信託報酬を業界最安水準まで引き下げると発表しており、これに追随したとみられる。

◇三菱UFJ国際投信の発表資料はこちら

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. ニッセイアセット、インデックスシリーズの信託報酬を引き下げ 業界最安に

  2. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS」など投資家のニーズに幅広く対応 (インデックスファンドNAVI)

  3. 三井住友トラストAM、インデックスシリーズのパイオニア (インデックスファンドNAVI)

  4. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  5. 投信の信託報酬低下 インデックス型の平均0.5%台に

  6. 「適温相場」変調 それでも投信に資金流入 「株式型」に集中

  7. 大和投信「iFreeNEXT」「iFreeActive」、岡三オンラインとSBIで販売開始

  8. 投信、「日経平均連動型」に資金流入 個人マネーが押し目買い

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP