毎月分配型が減少、大幅増はひふみプラスなど 2018年上期の投信残高上位

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)について、2018年6月末時点の純資産総額(残高)上位を17年末時点と比較したところ、分配金を毎月支払うタイプの残高減少が目立った。上位15本のうち、残高の減少額が1000億円を超えた4本は、すべて毎月分配型だった。

残高の減少額がひときわ大きかったのは、海外の不動産投信(REIT)に投資する投信だ。昨年末に1位だった「新光 US―REIT オープン<愛称:ゼウス>」(47311049)は、減少額が最大の2832億円となり、3位に後退した。代わって首位に立った「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」(32315984)は1600億円のマイナスだった。 

先進国株式型で残高最大の「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」(42311052)や、過去に長く首位を維持していた「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」(0331397C)は半年で600億円超の減少となった。

一方、年1回決算型の「ひふみプラス」(9C311125)は1577億円増え、昨年末の13位から4位に順位を上げた。「グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2回決算型)」(02312158)も1239億円増と大きく伸ばした。毎月分配型では「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)<愛称:円奏会>」(4931112B)が残高を増やし、バランス型ファンドの筆頭として存在感を示した。

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  2. 三井住友アセット、残高増加と資金流入が首位 6月の運用会社別投信

  3. 年1回決算の株式型ファンドが躍進 2017年度の投信残高

  4. 東京海上AM「円奏会」、残高が初めて4000億円を突破

  5. アセマネOne「ゼウス」が分配金を引き下げ 過去最低水準の25円に

  6. 「適温相場」変調 それでも投信に資金流入 「株式型」に集中

  7. 株価大荒れの1週間、投信マネーが向かった先は?

  8. BNYメロン「モビリティ・イノベーション」が資金流入トップ 2018年上期の投信

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP