BNYメロン「モビリティ・イノベーション」が資金流入トップ 2018年上期の投信

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)について、2018年上期(1~6月)の資金流出入額を調べたところ、流入超過額はBNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパンの「モビリティ・イノベーション・ファンド」(85311181)が6月末時点の推計で3108億円でトップだった。同投信は投資対象が日本を含む世界の自動車関連企業の株式で、今年1月に設定され、SMBC日興証券1社で販売している。

2位は日興アセットマネジメントの「グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2回決算型)」(02312158)、3位はレオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」(9C311125)が続いた。

流入額上位は国内や海外の株式で運用するタイプが大半で、「モビリティ―(移動手段)」や「ロボット」、「電気自動車(EV)」、「次世代通信(5G)」などのテーマ型が目立った。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  2. 投信、資金流入トップは「THE 5G」 2018年度

  3. 投信の共通KPI、顧客の6割が含み益 「見える化」課題も多く

  4. 含み益の顧客、ゆうちょ銀76% 投信の共通KPI(159社・業態別一覧)

  5. レオス、含み益の顧客割合は45% 投信の共通KPI(92社一覧)

  6. レオスの「ひふみ」、資金流入が鈍化

  7. コモンズ投信、顧客の97.7%が含み益 独立系は高水準

  8. 年1回決算の株式型ファンドが躍進 2017年度の投信残高

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP