三井住友アセット、残高増加と資金流入が首位 6月の運用会社別投信

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)について、運用会社別の6月の月末純資産総額(残高)と純資産増加額、資金流入額をそれぞれ集計した。残高のランキングでは、ニッセイアセットマネジメントが大和住銀投信投資顧問を抜き、前月10位から9位へ上がった。

残高増加額と、設定額から解約額を差し引いた資金流入額は三井住友アセットマネジメントが首位。2位には、前月に首位だった三井住友トラスト・アセットマネジメントがそれぞれ続いた。

集計対象は追加型株式投信(ETFを除く)で、 データは2018年6月末時点。

(注)QUICK資産運用研究所調べ。対象はETFを除く国内設定の公募追加型株式投信(単位型は含まない)。資金流入額はファンドの設定額から解約額を差し引いた値で概算推計値、償還ファンドは集計対象外。▲はマイナスで減少または流出。運用増加額は純資産増加額から資金流入額を引いた値で、運用のみによる増加額を意味する(概算値)。純資産増加額=資金流入額+運用増加額。分配金支払総額(概算値)は資金流出額には含まれず、分配しなかった場合に比べ、運用増加額が分配金支払総額分だけ減る。億円未満は切り捨て。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. ニッセイAM「<購入・換金手数料なし>外国株式インデックス」、残高が1000億円突破

  2. 投信ブロガーが選ぶこの1本 2018年の1位は「eMAXIS Slim先進国株式」

  3. ニッセイAM<購入・換金手数料なし>、低コストにこだわり(インデックスファンドNAVI)

  4. 金融庁、新体制初の「つみップ」 運用5社の生の声に質問続々

  5. ニッセイアセット、インデックスシリーズの信託報酬を引き下げ 業界最安に

  6. ニッセイアセット「ニッセイオーストラリア高配当株」 分配金を100円に減額、過去最低と並ぶ

  7. ニッセイアセット「ニッセイグローバル好配当株式プラス」、分配金を150円に減額

  8. ニッセイアセット「AI革命(為替ヘッジあり)」の残高、初の1000億円超

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP