東京海上AM「円奏会」、残高が初めて4000億円を突破

東京海上アセットマネジメントが運用する「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)<愛称:円奏会>」(4931112B)の純資産総額(残高)が初めて4000億円を突破した。6月29日時点の残高は4007億円。

複数の資産に分散投資するバランス型としては、国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)の中で残高が最も大きい。投資対象は日本債券と日本株式、日本REIT(不動産投信)で、それぞれ70%、15%、15%を基本配分として分散投資する。基準価額の変動リスクが大きくなった場合は、株式とREITの割合を引き下げる比率変動型のファンドだ。

2012年11月に設定され、2016年3月から月間100億円を上回る資金流入超が1年ほど続いた。地方銀行を中心に全国に販路があり、今年4月からは再び資金流入が増加している。

6月末時点での5年リターン(分配金再投資ベース)は20.11%。2014年7月以降、継続して1万口あたり30円の分配金実績がある。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  2. 毎月分配型が減少、大幅増はひふみプラスなど 2018年上期の投信残高上位

  3. 三井住友アセット、残高増加と資金流入が首位 6月の運用会社別投信

  4. アライアンス「米国成長株C」の残高が1000億円を突破

  5. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS Slim」の信託報酬引き下げ 業界最安に

  6. ニッセイアセット、インデックスシリーズの信託報酬を引き下げ 業界最安に

  7. 三井住友トラストAM、インデックスシリーズのパイオニア (インデックスファンドNAVI)

  8. 投信「半数の個人が損失」の驚き 金融庁の共通指標どう読み解く

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP