ニッセイアセット、インデックスシリーズの信託報酬を引き下げ 業界最安に

ニッセイアセットマネジメントは29日、指数連動型(インデックス型)の投資信託「購入・換金手数料なし」シリーズ12本うち6ファンドの信託報酬を引き下げると発表した。7月13日に2本、8月21日に4本を引き下げ、いずれも業界最安となる。

このうち、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド」(2931517A)は税込みで0.36612%から0.20412%に引き下げ、同じタイプのインデックス型としては業界最安値を更新する。シリーズの中で残高が最も大きい「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」(2931113C)も0.20412%から業界最安の0.11772%に下げる。
 
「<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド」(2931316B)は業界最安に並ぶ0.17172%とするほか、複数の指数に連動する4資産均等型、6資産均等型、8資産均等型もそれぞれ最安値を更新する。

◇ニッセイアセットマネジメントの発表資料はこちら

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS Slim」の信託報酬引き下げ 業界最安に

  2. 三井住友トラストAM、インデックスシリーズのパイオニア (インデックスファンドNAVI)

  3. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS」など投資家のニーズに幅広く対応 (インデックスファンドNAVI)

  4. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  5. 投信の信託報酬低下 インデックス型の平均0.5%台に

  6. 「適温相場」変調 それでも投信に資金流入 「株式型」に集中

  7. 大和投信「iFreeNEXT」「iFreeActive」、岡三オンラインとSBIで販売開始

  8. 投信、「日経平均連動型」に資金流入 個人マネーが押し目買い

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP