「明治安田クオリティ日本株」の当初設定額、100億円超す 今年7番目の大きさ

明治安田アセットマネジメントが26日に設定した「明治安田クオリティ日本株ファンド(限定追加型・繰上償還条項付)」(12313186)は、当初設定額で102億円の資金が集まった。今年に入って新規設定された国内公募の投資信託(追加型と単位型)の当初設定額としては7番目の大きさ。同日設定した「明治安田クオリティ日本株オープン」(12312186)の当初設定額は8億円だった。販売会社は三菱UFJモルガン・スタンレー証券の1社。

2ファンドとも投資対象は国内の株式で、年1回決算型。10年以上の連続増配企業などで構成する「S&P/JPX配当貴族指数(トータルリターン)」がベンチマークで、これを上回る運用成果を目指す。

「限定追加型・繰上償還条項付」の購入申し込みは7月6日まで。2023年4月30日より前に基準価額が1万2000円以上になった場合は繰上償還する。

※明治安田アセットマネジメントの発表資料 「今、配当貴族指数に注目する3つの理由」はこちら

(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

関連記事

  1. アライアンス「米国成長株C」の残高が1000億円を突破

  2. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS Slim」の信託報酬引き下げ 業界最安に

  3. 東京海上AM「円奏会」、残高が初めて4000億円を突破

  4. ニッセイアセット、インデックスシリーズの信託報酬を引き下げ 業界最安に

  5. 三井住友トラストAM、インデックスシリーズのパイオニア (インデックスファンドNAVI)

  6. 投信「半数の個人が損失」の驚き 金融庁の共通指標どう読み解く

  7. 著名ブロガーも金融庁職員も熱く語った 「インデックス投資ナイト」盛況

  8. 投信、相性の良い組み合わせは? 6月末時点の「相関係数」一覧

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP