「野村インド債券ファンド(毎月)」が分配金を50円に減額 過去最低に並ぶ

野村アセットマネジメントが運用する「野村インド債券ファンド(毎月分配型)」(0131611B)は13日の決算で、1万口あたりの分配金を前月の半分の50円に引き下げた。減額は2016年12月以来1年6カ月ぶり。12年3月(50円)以来の低水準で、11年11月末に設定してからの最低と並んだ。

同ファンドは主にインドルピー建ての公社債などに投資する。5月末時点の組み入れ債券の平均格付けはトリプルBで、1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス3.85%だった。

野村アセットマネジメントは分配金を引き下げた理由について、今年に入って基準価額が下落基調となっていることを挙げた。対円でのインドルピーの下落に加え、インドの債券相場が軟調に推移したことが背景にある。

◇野村アセットマネジメントの発表資料

「野村インド債券ファンド(毎月分配型)2018年6月13日決算の分配金について」

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 野村アセット「野村テンプルトン・トータル・リターンD」 分配金を減額、1年5カ月ぶり

  2. 「東京海上・ニッポン世界債券F(H有)」が分配金を減額 設定以降の最低に並ぶ

  3. ニッセイアセット「ニッセイオーストラリア高配当株」 分配金を100円に減額、過去最低と並ぶ

  4. アセマネOne「コアラの森」が分配金減額 過去最低の25円に

  5. ニッセイアセット「ニッセイグローバル好配当株式プラス」、分配金を150円に減額

  6. 大和投信「ダイワ高格付カナダドル債」 分配金を引き下げ、過去最低の25円に

  7. アセマネOne「みずほUSハイ」 分配金を減額、過去最低の40円に

  8. アセマネOne「ゼウス」が分配金を引き下げ 過去最低水準の25円に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP