「東京海上・ニッポン世界債券F(H有)」が分配金を減額 設定以降の最低に並ぶ

東京海上アセットマネジメントが運用する「東京海上・ニッポン世界債券ファンド(為替ヘッジあり)」(4931109C)は、21日の決算で1万口あたりの分配金を前月より10円安い20円に減額した。2011年11月以来6年半ぶりの低さで、2009年12月末の設定以降で最低水準と並んだ。

同ファンドは日本の企業や政府機関が世界で発行する外貨建て債券に投資し、対円で為替ヘッジをする。4月末での1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス2.33%、基準価額(分配金支払い後)は1年前と比べ7.04%下がった。

東京海上アセットマネジメントは、分配金減額の理由として「米国の中長期金利の上昇により基準価額が下落したことや、米ドル・円のヘッジコストが上昇したこと」などを挙げた。

◇東京海上アセットマネジメントの発表資料はこちら
第100期決算・分配金のお知らせ

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

  2. 三井住友DS「日本株アルファ・カルテット」分配金を減額 過去最低の40円

  3. 「ダイワ米国リート(毎月)」分配金を30円に減額 過去最低に

  4. 日興アセット「財産3分法」、分配金を40円に減額 15年ぶりの低水準

  5. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

  6. 「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

  7. 三菱UFJ国際「ワールド・リート・オープン」、分配金を減額 過去最低の20円に

  8. 大和住銀「短期豪ドル債オープン」、分配金を減額 過去最低の10円に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP