日興アセット「ロボティクス年2」の残高が初の5000億円台  大和投信「ロボテック」は4000億円突破

日興アセットマネジメントが運用する「グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2回決算型)」(02312158)の純資産総額(残高)が8日、2015年8月31日の設定以降で初の5000億円台に乗せた。一方、大和証券投資信託委託の「ロボット・テクノロジー関連株ファンド -ロボテック-」(0431115C)も8日時点で4000億円の節目を15年12月7日の設定から初めて突破した。

ロボット関連のテーマ型ファンドは年初と比べると人気が一服してきたが、「ロボティクス年2」と「ロボテック」は4月の資金流入超過額が国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)の中で上位20本に入るなど資金流入が続いている。

4月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は「ロボティクス年2」が18.76%と、「ロボテック」の17.81%をわずかに上回った。

ともに3月末時点の組み入れ銘柄上位にキーエンス(6861)やファナック(6954)、米国のアルファベット(@GOOG/U)が入っている。規模別の組み入れ比率をみると、「ロボティクス年2」は大型株(時価総額100億米ドル以上)が9割であるのに対し、「ロボテック」は7割強にとどまる。

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  2. 日興アセット「グローバル・ロボティクス1年」、残高が5000億円突破

  3. 日興アセット「グローバル・ロボティクス」、純資産残高がトップ10入り

  4. 大和投信「ロボテック」、純資産総額が3000億円突破

  5. 大和投信「ダイワ高格付カナダドル債」 分配金を引き下げ、過去最低の25円に

  6. 大和投信「杏の実」、分配金を20円に減額 過去最低と並ぶ

  7. 大和投信「iFreeNEXT」「iFreeActive」、岡三オンラインとSBIで販売開始

  8. 大和投信「米国リート・αクワトロ」、分配金を減額 設定後初めて

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP