アセマネOne「コアラの森」が分配金減額 過去最低の25円に

アセットマネジメントOneが運用する「みずほ豪ドル債券ファンド<愛称:コアラの森>」(4731203A)が20日の決算で1万口あたりの分配金を前月より10円安い25円に引き下げた。分配金の減額は1年ぶりで、2003年10月末の設定以降で最低となった。

アセットマネジメントOneは20日のファンド通信で、分配金の支払いを主因に基準価額が低下傾向にあることを説明。分配金を引き下げた理由を「今後も安定した収益分配を継続的に行い、基準価額の下落を抑えて信託財産の成長を図るため」とした。

同ファンドはオーストラリアの信用力の高い公社債(豪ドル建て)に分散投資する。20日時点の基準価額(分配金支払い後)は5544円と、1年前から4.63%下がった。3月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス2.51%だった。

◇アセットマネジメントOneのファンド通信はこちら

分配金に関するお知らせ

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

  2. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  3. SBIアセットの「雪だるま(全世界株式)」、信託報酬を26日に引き下げ

  4. アセマネOne「日経225ノーロード」、3日間で110億円の資金流入

  5. アセマネOne「未来の世界(先進国)」の残高が1000億円突破 設定から半年

  6. アセマネOne「未来の世界」、新たに2本追加 シリーズ7本に

  7. アセマネOne「通貨選択型Jリート」、全4コースで分配金減額

  8. アセマネOneの元本確保型「プライムOne」、第3弾は151億円

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP