ニッセイアセット「ニッセイグローバル好配当株式プラス」、分配金を150円に減額

ニッセイアセットマネジメントが運用する「ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)」(2931111B)は、16日の決算で1万口あたりの分配金を前月より50円安い150円に引き下げた。分配金の減額は2017年4月以来1年ぶり。

同ファンドの運用対象は世界の株式で、配当利回りが相対的に高い銘柄に投資する。オプション取引も活用して収益の上乗せを目指す「カバードコール型」。3月末時点の純資産総額は1213億円で、国内公募の追加型株式投信のうちカバードコール型では3番目の規模となる。

4月16日時点の基準価額(分配金支払い後)は6168円と、1年前と比べ17.65%値下がりした。3月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は8.18%のプラス、3カ月は5.72%のマイナスだった。

ニッセイアセットマネジメントは分配金減額の理由を「基準価額の水準が低下してきたことや市況動向等を総合的に勘案」したとしている。

◇ニッセイアセットマネジメントの発表資料はこちら

第78期決算 分配金のお知らせ


(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

関連記事

  1. 野村アセット「野村テンプルトン・トータル・リターンD」 分配金を減額、1年5カ月ぶり

  2. 大和投信「ダイワ高格付カナダドル債」 分配金を引き下げ、過去最低の25円に

  3. アセマネOne「みずほUSハイ」 分配金を減額、過去最低の40円に

  4. アセマネOne「ゼウス」が分配金を引き下げ 過去最低水準の25円に

  5. 大和投信「杏の実」、分配金を20円に減額 過去最低と並ぶ

  6. ニッセイアセット「AI革命(為替ヘッジあり)」の残高、初の1000億円超

  7. 「フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド」が分配金を減額 過去最低の70円に

  8. ニッセイアセット「げんせん投信」、目指すは日本株最大のファンド

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP