ニッセイアセット「ニッセイグローバル好配当株式プラス」、分配金を150円に減額

ニッセイアセットマネジメントが運用する「ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)」(2931111B)は、16日の決算で1万口あたりの分配金を前月より50円安い150円に引き下げた。分配金の減額は2017年4月以来1年ぶり。

同ファンドの運用対象は世界の株式で、配当利回りが相対的に高い銘柄に投資する。オプション取引も活用して収益の上乗せを目指す「カバードコール型」。3月末時点の純資産総額は1213億円で、国内公募の追加型株式投信のうちカバードコール型では3番目の規模となる。

4月16日時点の基準価額(分配金支払い後)は6168円と、1年前と比べ17.65%値下がりした。3月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は8.18%のプラス、3カ月は5.72%のマイナスだった。

ニッセイアセットマネジメントは分配金減額の理由を「基準価額の水準が低下してきたことや市況動向等を総合的に勘案」したとしている。

◇ニッセイアセットマネジメントの発表資料はこちら

第78期決算 分配金のお知らせ


(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

関連記事

  1. ニッセイアセット「ニッセイオーストラリア高配当株」 分配金を100円に減額、過去最低と並ぶ

  2. ニッセイAM「<購入・換金手数料なし>外国株式インデックス」、残高が1000億円突破

  3. ニッセイアセット、インデックスシリーズの信託報酬を引き下げ 業界最安に

  4. ニッセイアセット「AI革命(為替ヘッジあり)」の残高、初の1000億円超

  5. ニッセイアセット「げんせん投信」、目指すは日本株最大のファンド

  6. ニッセイAM<購入・換金手数料なし>、低コストにこだわり(インデックスファンドNAVI)

  7. 金融庁、新体制初の「つみップ」 運用5社の生の声に質問続々

  8. 三井住友アセット、残高増加と資金流入が首位 6月の運用会社別投信

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP