野村アセット「野村テンプルトン・トータル・リターンD」 分配金を減額、1年5カ月ぶり

野村アセットマネジメントが運用する「野村テンプルトン・トータル・リターン Dコース」(01314118)は、13日の決算で1万口あたりの分配金を前月より30円安い70円に引き下げた。分配金の減額は2016年11月以来、1年5カ月ぶり。

同ファンドは新興国を含む世界各国の国債、政府機関債、社債などに投資する。米ドルベースでのトータル・リターンの最大化を目指し、原則として対円での為替ヘッジをしない。国・地域別にみると2月末時点では、メキシコ、ブラジル、インドが上位に並ぶ。債券の格付けでは半数がトリプルB以上だ。

基準価額(分配金支払い後)は1年前と比べ13.94%下がった。13日時点の純資産総額(残高)は1780億円で、グローバル債券(先進・新興複合)で運用する国内公募の追加型株式投信の中で最大規模。

野村アセットマネジメントは、分配金を引き下げた理由を「為替動向や基準価額の推移および基準価額に対する分配金額等を総合的に勘案」したとしている。

◇野村アセットマネジメントの発表資料はこちら

2018年4月13日決算の分配金について

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. ニッセイアセット「ニッセイグローバル好配当株式プラス」、分配金を150円に減額

  2. 大和投信「ダイワ高格付カナダドル債」 分配金を引き下げ、過去最低の25円に

  3. アセマネOne「みずほUSハイ」 分配金を減額、過去最低の40円に

  4. アセマネOne「ゼウス」が分配金を引き下げ 過去最低水準の25円に

  5. 大和投信「杏の実」、分配金を20円に減額 過去最低と並ぶ

  6. 「フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド」が分配金を減額 過去最低の70円に

  7. 大和住銀「短期豪ドル債オープン(毎月)」、分配金を減額 過去最低の20円に

  8. 大和投信「米国リート・αクワトロ」、分配金を減額 設定後初めて

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP