「新社会人が知っておきたいお金の話」③発想の転換で資産形成の第一歩を

これから社会に出るみなさんへのメッセージとして「新社会人が知っておきたいお金の話」を3回にわたって連載する。最終回は「発想の転換で資産形成の第一歩を」。

第1回はコチラ→ 「新社会人が知っておきたいお金の話」①資産形成のイロハ
 第2回はコチラ→ 「新社会人が知っておきたいお金の話」②人生100年時代の資産形成

■目的にあわせて手段を選択

将来的な資産形成を考える前に、目先の結婚資金や住宅資金などをしっかりと確保したい人や、趣味や旅行などでうっかり使いすぎてしまう人は、給与振込口座と別の口座を持つことが手段のひとつ。社内預金や財形貯蓄など、会社の制度を利用すれば、金利や税制面の優遇があり、引き出す際の手間も増えるため、「貯蓄」という意味ではいい選択肢となるだろう。

会社によっては「従業員持株会」という勤務先もしくはその親会社の株式を購入する制度がある。もちろん株価が下落するリスクはあるが、少額から無理のない範囲で始めることができる。業績が拡大すれば株式の価値が高まるため、仕事のモチベーションにもつながり、一株主として会社を応援する意味で入会するのも一案だ。

■発想の転換で資産形成の第一歩を

新入社員にとっては少し先の話になるが、子供の教育費や住宅ローンの返済など何かと出費がかさむ30~50代に向けた資産作りはどうすべきか。お金を郵便局に預けっ放しにしていたら2倍に増えたという時代は遠い昔の話で、再来しそうな気配もない。いまやお金に働いてもらわなければならない時代へと突入した。

「そもそも投資するほどお金がない」「基本的な経済の知識がない」「何となく投資って怪しい気がする」――など様々な理由で資産形成を敬遠している人が少なくない。

実際にQUICK資産運用研究所が昨年12月実施した個人の資産形成に関する意識調査で「どんなきっかけがあれば資産形成を始めると思いますか」と聞いたところ、「まとまった資金ができたら」や「金融に関する知識が習得できたら」との回答が多かった。

そこで発想の転換を提案したい。まずは「投資はお金に余裕があって、経済に詳しい人がするもの」という概念を捨て、「資産形成は未来の自分への仕送り」と捉えてみたらどうだろう。「10年後の自分へ海外旅行の資金を」「15年後の自分に子供の教育費を」と言った具合だ。

新社会人には何と言っても「時間」という武器がある。その強みを最大限生かせるしくみを活用しながら、資産形成の一歩を踏み出してみたい。

■できたてホヤホヤ「つみたてNISA」

今年1月から始まった「つみたてNISA」(積み立て型の少額投資非課税制度)は、これから投資を始める人に最適の仕組みだ。

その理由の1つは、投資できる金融商品が、金融庁が長期投資に適すると判断した投資信託もしくはETF(上場投信)に限定される点だ。初心者は最初に商品選びでつまずくことが多い。つみたてNISAは金融庁が太鼓判を押した商品から選ぶという安心感がある。対象商品には、1つの投信で日本をはじめとする世界の株式や債券、不動産に投資できるタイプもあるので、手軽に分散投資を始めることができる。

通常は金融商品の利益には、20.315%の所得税(復興特別所得税含む)が課されるが、つみたてNISA口座で購入した金融商品は税金がかからない。運用期間は最長で20年(この間、解約はいつでも可能)、投資限度額は年間40万円。つまり最大800万円のお金を非課税で運用できる。資産形成の鉄則である「長期・分散・積立」の3つを税制メリットを受けつつ実践できるという訳だ。

言うまでもなく、絶対に損をしない金融商品や投資手法は存在しない。積立投資も例外ではなく、常に右肩上がりに資産が増えていく訳ではない。自分の資産が目減りし、投資に対して不安や懸念が生まれる時は、静観することも大事になる。目先の運用成績の上下に一喜一憂することなく、俯瞰的な視野を持って資産形成に挑戦してほしい。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. つみたてNISA、利用するなら「銀行で」が1位【個人意識調査(5)】

  2. 攻めのイベント「つみフェス2018」、ピンク色の会場に250人

  3. つみップで「投信あるある」 金融庁が「毎月分配」のカラクリを説明

  4. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  5. ツイッターで広がる「投信あるある」 金融庁職員が呼びかけ

  6. 金融庁が「つみップ」女子部を開催 率直で実践的な質問が続々

  7. 金融庁が初心者向け「つみップ」  先輩ブロガーに直球質問

  8. 個人が選ぶ投信の共通点は? FOY2017ベスト20を一覧比較

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP