日興アセット「グローバル・フィンテック株式」、残高が2000億円に

日興アセットマネジメントが運用する「グローバル・フィンテック株式ファンド」(0231116C)の純資産総額(残高)が初めて2000億円に到達した。9日時点の残高は2014億円。

主な投資対象は、金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテック関連で日本を含む世界の株式。1月末時点の業種別の組み入れ銘柄を見ると、ソフトウェア・サービス関連が47.0%とおよそ半数を占める。次いで各種金融が17.0%、小売が11.1%と続く。

2016年12月に設定され、昨年4月から資金流入の勢いが加速した。大手証券やネット証券、メガバンク、地方銀行と販売チャネルが多岐にわたるほか、2月末での1年リターンは40.95%と運用の堅調さも後押しした。

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 日興AM「グローバル・フィンテック年2」、残高1000億円超す 設定から1年

  2. 4月の投信、ピクテが資金流入額首位 残高増加額トップは日興AM

  3. ピクテの「グロイン」初の残高首位 6513億円、「USハイ」抜く

  4. 大和投信「ワールド・フィンテック革命ファンド」、当初設定額が総額200億円超す

  5. 「投資を自然なことに」おつりで投資のトラノコ バロック社長に聞く

  6. 投信、資金流入トップは「THE 5G」 2018年度

  7. 三井住友トラストAM、投信残高の増加額と資金流入額で首位(3月)

  8. お金のデザインが拓く「新しい資産運用」 ポイント投資やロボアドで異業種連携

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP