投信の運用成績、「国内株式型」がトップ 2月末時点の分類別1年リターン

国内公募の追加型株式投資信託について、2月末までの過去1年間の運用成績を投資対象の資産別に見ると、分配金再投資ベースのリターンは「国内株式型」がプラス23.20%でトップだった。2月は世界的に株式相場が調整し、国内の株式市場でも日経平均株価が大きく下げる局面があったが、1年前と比べると大幅なプラスを維持した。

「新興国株式型」が21.55%で続いた。中国やベトナムの株式に投資するファンドを中心に好成績を収めた。一方、コモディティや国内外の不動産投資信託(REIT)に投資する投信はリターンがマイナスだった。

(QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

関連記事

  1. 日興アセット、資金流入額が3カ月連続の首位 8月の投信

  2. 日興アセット、残高増と資金流入額で2ヵ月連続の首位 7月

  3. 投信の共通KPI、顧客の6割が含み益 「見える化」課題も多く

  4. レオス、「ひふみワールド」を10月8日に設定

  5. 広がるイデコ ファミリー層を取り込むイオン銀行・深野氏に聞く

  6. SBIアセットの「雪だるま(全世界株式)」、信託報酬を26日に引き下げ

  7. SBIアセット、信託報酬最安ファンドを9月に設定

  8. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP