相場急変の2月、JPモルガンとレオスは増加 運用会社別の投信残高

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)について、運用会社別に2月末の純資産総額(残高)と純資産増加額、資金流入額をそれぞれ集計したところ、相場の急変で運用成績が悪化し、各社の残高は軒並み減少した。残高が首位の野村アセットマネジメントは10兆円の大台を下回った。残高上位20社で増やしたのは、15位のJPモルガン・アセット・マネジメント、18位のレオス・キャピタルワークスの2社にとどまった。両社の順位は1月末と変わらなかった。

JPモルガンは「JPMベスト・インカム(毎月決算型)」(17312149)、「JPMザ・ジャパン(年4回決算型)」(1731117A)、「JPMザ・ジャパン」(1731199C)などが資金を集めた。一方、ひふみは「ひふみプラス」(9C311125)を中心に資金流入が続き、運用による減額を補った。

集計対象は追加型株式投信(ETFを除く)で、 データは2018年2月28日時点。残高増加額は下位20社(減少額上位20社)。

(注)QUICK資産運用研究所調べ。データは2018年2月28日時点。対象はETFを除く国内設定の公募追加型株式投信(単位型は含まない)。資金流入額はファンドの設定額から解約額を差し引いた値で概算推計値、償還ファンドは集計対象外。▲はマイナスで減少または流出。運用増加額は純資産増加額から資金流入額を引いた値で、運用のみによる増加額を意味する(概算値)。純資産増加額=資金流入額+運用増加額。分配金支払総額(概算値)は資金流出額には含まれず、分配しなかった場合に比べ、運用増加額が分配金支払総額分だけ減る。億円未満は切捨て。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  2. 投信残高の増加額はレオスが首位、2位に日興アセット 2017年度の運用会社別

  3. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  4. JPモルガン「JPMザ・ジャパン」、残高が1000億円台を回復 2年8カ月ぶり

  5. レオスの「ひふみ」、資金流入が鈍化

  6. BNYメロン「モビリティ・イノベーション」が資金流入トップ 2018年上期の投信

  7. 年1回決算の株式型ファンドが躍進 2017年度の投信残高

  8. コモンズ投信、顧客の97.7%が含み益 独立系は高水準

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP