大和投信「iFreeNEXT」「iFreeActive」、岡三オンラインとSBIで販売開始

大和証券投資信託委託は16日、新しいファンドシリーズ「iFreeNEXT」と「iFreeActive」の販売を岡三オンライン証券とSBI証券が始めると発表した。岡三オンライン証券は19日から、SBI証券は22日から販売する。

「iFreeNEXT」は購入手数料がゼロで、運用対象を特定分野に絞ったインデックス(指数連動)型のファンドシリーズ。「iFreeActive」は低コストのアクティブ(積極運用)型で、テーマに沿った銘柄に投資する。いずれも1月31日に運用を始めた。

■iFreeNEXT(2本)
・iFreeNEXT FANG+インデックス (T04311181/TSK)
・iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス (T04312181/TSK)

■iFreeActive(3本)
・iFreeActive ゲーム&eスポーツ (T04313181/TSK)
・iFreeActive EV (T04314181/TSK)
・iFreeActive エドテック (T04315181/TSK)

※大和証券投資信託委託の発表資料はこちら

iFreeNEXT

iFreeActive

 

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信から資金流出 10連休前に手じまい売り

  2. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  3. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  4. 投信の信託報酬低下 インデックス型の平均0.5%台に

  5. 積立NISA、金融庁基準に適うアクティブ投信はわずか5本…森長官の講演が話題

  6. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS Slim」の信託報酬引き下げ 業界最安に

  7. ニッセイアセット、インデックスシリーズの信託報酬を引き下げ 業界最安に

  8. 「適温相場」変調 それでも投信に資金流入 「株式型」に集中

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP