大和住銀「短期豪ドル債オープン(毎月)」、分配金を減額 過去最低の20円に

大和住銀投信投資顧問が運用する「短期豪ドル債オープン(毎月分配型)」(22311034)が7日の決算で1万口あたりの分配金を前月より10円安い20円に引き下げた。2016年11月以来の減額で、2003年4月に運用を開始してから最低水準となる。

同ファンドの主な投資対象は、高格付けの豪ドル建ての公社債および短期金融商品。金利変動の影響を抑える目的で、ファンドが投資する債券のデュレーション(元利金の平均回収期間)を1年未満と短くしている。

7日時点の純資産総額(残高)は2569億円。1万口あたりの分配金が100円だった2012年頃は残高が1兆円を超えていた。現在も大手証券をはじめ、ネット証券や地方銀行に幅広い販路がある。1月末の1年リターン(分配金再投資ベース)は3.7%。

大和住銀投信投資顧問は臨時レポートを発行し、分配金を引き下げた理由としてオーストラリア準備銀行(中央銀行)が政策金利を低位で維持していることなどを挙げ、「基準価額の水準の低下や市況動向、分配対象額等を総合的に勘案した」と説明した。

※大和住銀投信投資顧問の発表資料はこちら

短期豪ドル債オープン(毎月分配型) -第177期分配金について-

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 大和住銀「短期豪ドル債オープン」、分配金を減額 過去最低の10円に

  2. 大和投信「杏の実」が分配金引き下げ 過去最低の10円に

  3. 三菱UFJ国際投信の「夢実月」、分配金を45円に減額

  4. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

  5. 三井住友DS「日本株アルファ・カルテット」分配金を減額 過去最低の40円

  6. 「ダイワ米国リート(毎月)」分配金を30円に減額 過去最低に

  7. 日興アセット「財産3分法」、分配金を40円に減額 15年ぶりの低水準

  8. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP