日興アセット「ラサール・グローバルREIT(毎月分配)」、分配金を減額 過去最低の25円に

日興アセットマネジメントが運用する「ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)」(02313043)が5日の決算で1万口あたりの分配金を前月より15円安い25円に引き下げた。昨年1月以来の減額で、2004年3月に運用を始めてから最低水準となる。

同ファンドの純資産総額(残高)は5日時点で7009億円。国内公募の追加型株式投信(ETFを除く)の中で4番目に多い。昨年5月頃まで1兆円を上回る規模だったが、資金流出などで縮小傾向にある。

 
主な投資対象は世界各国の不動産投資信託(REIT)。17年12月末時点の組み入れ資産は米国REITが68%を占める。18年2月5日時点の基準価額(分配金支払い後)は2265円で、1年前と比べて17.82%下がった。1月時点での1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス1.38%。

日興アセットマネジメントは今回の引き下げについて、「市況動向や基準価額に対する分配金額の水準などを総合的に勘案し、分配金を引き下げてその差額を内部留保することで信託財産の成長をめざす」としている。

一方、「海外REIT型」で残高が最大の「新光US-REITオープン<愛称:ゼウス>」(47311049)も5日が決算だったが、分配金を1万口あたり50円のまま据え置いた。

※日興アセットマネジメントの発表資料はこちら↓

ラサール・グローバルREITファンド (毎月分配型)~2018年2月の決算と今後の見通しについて~

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 三菱UFJ国際「ワールド・リート・オープン」、分配金を減額 過去最低の20円に

  2. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  3. アセマネOne「ゼウス」が分配金を引き下げ 過去最低水準の25円に

  4. 年1回決算の株式型ファンドが躍進 2017年度の投信残高

  5. 「適温相場」変調 それでも投信に資金流入 「株式型」に集中

  6. 株価大荒れの1週間、投信マネーが向かった先は?

  7. 4~9月の投信残高、「ゼウス」▲1200億円で落ち込み鮮明 「ひふみ」が増加

  8. 毎月分配型が減少、大幅増はひふみプラスなど 2018年上期の投信残高上位

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP