投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

QUICK資産運用研究所は2017年12月、全国の20~60代の個人を対象に「個人の資産形成に関する意識調査」を実施した。個人に資産形成の取り組み状況などを聞く調査は、16年12月に続いて2回目。日経リサーチを通じてインターネット経由でアンケート調査を実施し、5132人から回答を得た。 調査結果はQUICK Money Worldに2月6日から順次掲載し、本日が最終回となる

◯調査概要はこちら

■投信積立、「国内株式型」と「バランス型」が人気

投信積立をしている人にどのようなタイプの商品で積み立てをしているか聞いたところ、運用対象の資産別のトップは国内株式で運用する投信、2位は複数の資産に分散投資するバランス型だった。

また、運用方針別でみると、市場平均並みの運用成績を目指すインデックス型が30.6%と、市場平均よりも高いリターンを目指すアクティブ型の13.7%を大幅に上回った。

年代別にどの資産で運用する投信を積み立てているかをランキングにしたところ、20代は1位が「海外株式型」、30~40代は「国内株式型」、50~60代は「バランス型」だった。

■投信積立の投信選びは「コスト」重視

投信積立をしている人に商品選びで何を重視したかを聞いたところ、最も多かった回答は、「手数料や信託報酬の水準」だった。僅差で「過去の運用実績」と「長期投資に向くかどうか」が続いた。

長期投資を前提とした投信積立では、コストの低さや過去の運用実績を重視して商品を選んだ人が多いようだ。

一方、「口コミやネットでの評判」や「人気ランキングの上位」などを重視した人は少なかった。運用期間の長さや分配金の支払い実績も下位に並んだ。

(QUICK資産運用研究所) =おわり

関連記事

  1. 投信の信託報酬低下 インデックス型の平均0.5%台に

  2. 積立NISA、金融庁基準に適うアクティブ投信はわずか5本…森長官の講演が話題

  3. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS Slim」の信託報酬引き下げ 業界最安に

  4. ニッセイアセット、インデックスシリーズの信託報酬を引き下げ 業界最安に

  5. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  6. 大和投信「iFreeNEXT」「iFreeActive」、岡三オンラインとSBIで販売開始

  7. 投信から資金流出 10連休前に手じまい売り

  8. 投信、「毎月分配型以外」「インデックス型」が増加 2017年の新規設定

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP