投信の積立、みんなはどうしてる? 投信保有者は4割が利用【個人意識調査(8)】

QUICK資産運用研究所は2017年12月、全国の20~60代の個人を対象に「個人の資産形成に関する意識調査」を実施した。個人に資産形成の取り組み状況などを聞く調査は、16年12月に続いて2回目。日経リサーチを通じてインターネット経由でアンケート調査を実施し、5132人から回答を得た。 調査結果はQUICK Money Worldに順次掲載する。

◯調査概要はこちら

 

■投信保有者、4割が「積立」利用

投資信託を保有している人に「投信積立」をしているかを聞いたところ、積み立てをしている人が全体の42.0%にのぼった。頻度別にみると、月に1回の「毎月」が全体の35.6%を占めた。「毎日」は2.1%だった。

年代別にみると、投信積立をしている人の割合は20代が7割超と圧倒的に多かった。特に「毎日積み立て」をしている人が9.0%にのぼり、ほかの世代と大きく差がついた。

20~40代までは投信保有者のうち、投信積立をしている人が過半を占めており、若い世代を中心にコツコツ投資がじわり広まりつつあるようだ。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  2. 投信・ラップ・外貨建て保険 理解してる? 【個人の資産形成に関する意識調査⑫】

  3. 投資のきっかけ、20代「ネット」60代「退職金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑪】

  4. 投資商品、重視するポイントは? 【個人の資産形成に関する意識調査⑩】

  5. 資産形成の必要性「感じる」増え49% 【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

  6. 投信積み立て、ネット証券での取引多く 【個人の資産形成に関する意識調査⑥】

  7. つみたてNISAの口座開設3.7%どまり 【個人の資産形成に関する意識調査⑤】

  8. 投信保有者、4割強が積み立て投資 【個人の資産形成に関する意識調査④】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP