資産運用は誰に相談? 投資経験で違い、初級者はロボアド敬遠【個人意識調査(4)】

QUICK資産運用研究所は2017年12月、全国の20~60代の個人を対象に「個人の資産形成に関する意識調査」を実施した。個人に資産形成の取り組み状況などを聞く調査は、16年12月に続いて2回目。日経リサーチを通じてインターネット経由でアンケート調査を実施し、5132人から回答を得た。 調査結果はQUICK Money Worldに順次掲載する。

◯調査概要はこちら

 

■資産運用の相談先、投資経験で違いも

資産運用について誰に相談したいか聞いたところ、全体では「誰にも相談しない」の答えが39.6%で最も多かった。投資経験別にみると、投資経験が10年以上のベテランは「誰にも相談しない」の割合が6割近くを占め、10年未満の投資経験者と比べ突出して高かった。

一方、投資経験が1年以上5年未満の中級者は「誰にも相談しない」の割合が26.0%にとどまった。「金融機関に属さないアドバイザー」(30.6%)や「金融機関の営業担当者」(25.3%)の答えも目立った。

投資経験が1年未満の初級者は1年以上の経験者と比べて「ロボットアドバイザー」の割合が低いなど、投資経験で相談先の違いが出た。

 

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  2. FP・IFAへの相談、経験者の6割は「今後も利用したい」【個人意識調査(6)】

  3. IFA実態調査㊦ 【顧客開拓】ほかの顧客や取引先からの紹介で

  4. IFA実態調査㊥ 【収益源】柱は証券仲介手数料

  5. IFA実態調査㊤ 【預かり資産】証券出身者、平均11億円で最大

  6. IFAの認知度いまイチだが成長度イチ押し 業者側は前向き、想研調査

  7. 楽天証券IFA養成校、2期目は受講者が倍増 オンライン講座を導入

  8. 楽天証券、IFA経由で半年間に935億円流入 提携先は92社1000人超

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP