結果に納得!? あなたは金融機関をどう思う【個人意識調査(3)】

QUICK資産運用研究所は2017年12月、全国の20~60代の個人を対象に「個人の資産形成に関する意識調査」を実施した。個人に資産形成の取り組み状況などを聞く調査は、16年12月に続いて2回目。日経リサーチを通じてインターネット経由でアンケート調査を実施し、5132人から回答を得た。 調査結果はQUICK Money Worldに順次掲載する。

◯調査概要はこちら

 

■ベテラン投資家ほど「金融機関、信頼できず」

金融機関への信頼度を聞いたところ、「あまり信頼できない」と「まったく信頼できない」との答えが合わせて全体の33.1%にのぼり、「とても信頼している」と「まあまあ信頼している」の合計(27.2%)を上回った。「わからない・どちらとも言えない」の答えが39.7%で最も多かった。

投資経験別でみると、投資経験が10年以上のベテランで「あまり信頼できない」と「まったく信頼できない」を合わせた比率が圧倒的に高かった。一方、投資経験が1年以上5年未満の中級と5年以上10年未満の上級では「とても信頼している」と「まあまあ信頼している」の合計の方が多かった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  2. 投資のきっかけ、20代「ネット」60代「退職金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑪】

  3. 投資商品、重視するポイントは? 【個人の資産形成に関する意識調査⑩】

  4. 資産形成の必要性「感じる」増え49% 【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

  5. 年齢・年収あがるほど金融知識レベル高く 【個人の資産形成に関する意識調査③】

  6. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  7. 外貨建て保険、高い金利が魅力 【個人の資産形成に関する意識調査⑭】

  8. 税制優遇制度の認知度・利用度低く 【個人の資産形成に関する意識調査⑬】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP