BNYメロン「モビリティ・イノベーション」、残高2000億円に 設定から2週間で

BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパンが運用する「モビリティ・イノベーション・ファンド」(85311181)の純資産総額(残高)が2000億円を突破した。前週末2日時点の残高は2006億円。1月22日に自己設定で運用を始め、わずか2週間で残高が急増した。SMBC日興証券のみで販売している。

同ファンドは、日本を含む世界のEV(電気自動車)や車の共有(シェアリング)といった自動車関連企業の株式に投資する。年1回決算型で、為替ヘッジはしない。2日時点の残高は今年設定されたファンドの中で最も多い。

1月24日には、大和住銀投信投資顧問の「グローバルEV関連株ファンド(為替ヘッジなし)<愛称:EV革命>」(22312181)が当初設定額773億円の大型設定で運用を開始。昨年は主にAI(人工知能)関連の投信が人気を集めていたが、今年はEVをテーマにした投信への資金流入が目立つ。

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 大和住銀「EV革命」、残高1000億円に 設定から3週間で

  2. 大和住銀「グローバルEV関連株」、当初設定額が合計869億円に

  3. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  4. BNYメロン「モビリティ・イノベーション」が資金流入トップ 2018年上期の投信

  5. 野村アセット、2年半ぶりに10兆円台を回復 1月末の運用会社別投信残高

  6. 大和「ダイワ米国リート(毎月)」、分配金を50円に減額

  7. GS「ネットウィンA」の残高が1000億円突破 設定19年目で

  8. アムンディ「日興レジェンドイーグル」が分配金を減額 5年半ぶり低水準

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP