SBI証券、投信の積み立て設定額が月間100億円を突破

SBI証券は2日、積み立てを利用した投資信託の月間の設定額(買い付け額)が1日時点で100億円を突破したと発表した。昨年12月末時点で90億円を超えてからも順調に増え続けている。QUICK資産運用研究所の調べでは、積み立ての月間設定額はネット専業証券の中で最大。

同社の投信積み立ては、購入できる投信が豊富なうえ、設定額が最低100円からできる。積み立てる間隔も毎日、毎週、毎月など5コースから選べるなど、きめ細かい取り組みが支持されているようだ。

(QUICK資産運用研究所)

◯SBI証券のプレスリリースはこちら

【主要ネット証券最大級】投資信託の積立設定金額100億円突破のお知らせ

 

関連記事

  1. ブロガー向けにiDeCo新プラン説明会 SBI証が三菱UFJ国際とタッグ 

  2. SBI証券、投信で顧客の7割超が利益 全売却分含め公表

  3. 投信で含み益、顧客の6割超で ネット証券4社

  4. SBI証券、投信積み立てが拡大 月間100億円超、橋本執行役員に聞く

  5. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

  6. アセマネOne「日経225ノーロード」、3日間で110億円の資金流入

  7. 「円奏会」 年1回型も好調、残高2000億円を突破 東京海上AM

  8. 三井住友DS「日本株アルファ・カルテット」分配金を減額 過去最低の40円

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP