大和住銀「グローバルEV関連株」、当初設定額が合計869億円に

大和住銀投信投資顧問が24日に設定した「グローバルEV関連株ファンド(為替ヘッジなし)<愛称:EV革命>」(22312181)が773億円の当初設定額を集めた。今年に入って設定された国内公募の株式投資信託(ETFを除く)では最大で、昨年来でも3番目の大型設定となった。為替ヘッジありのコース(22311181)の95億円と合わせると、869億円の資金を集めた。

投資対象は日本を含む世界の電気自動車(EV)関連企業の株式。大和証券のみで販売している。

昨年の当初設定額上位は、新興国や人工知能(AI)関連の株式に投資するファンドが多かった。今年はEVやモビリティ(移動)などに関連した新規設定が増えており、引き続きテーマを絞ったファンドに多くの資金が集まる傾向がある。

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 大和住銀「EV革命」、残高1000億円に 設定から3週間で

  2. 大和住銀「短期豪ドル債オープン」、分配金を減額 過去最低の10円に

  3. 大和住銀「短期豪ドル債オープン(毎月)」、分配金を減額 過去最低の20円に

  4. BNYメロン「モビリティ・イノベーション」、残高2000億円に 設定から2週間で

  5. 大和住銀「ニッポン中小型株」、新規受付を停止 22日から

  6. 三井住友アセット、残高増加と資金流入が首位 6月の運用会社別投信

  7. QUICKファンドスコアで投信比較! ひふみプラスが8、フィデリティ日本成長株は9

  8. ピクテ「グロイン」の残高、3年3カ月ぶり8000億円台

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP