「ひふみプラス」の残高、5000億円を突破 初のトップ10入り

レオス・キャピタルワークスが運用する「ひふみプラス」(9C311125)の純資産総額(残高)が初めて5000億円を突破した。16日の残高は5028億円。昨年末の残高は4531億円だったが、年初からわずか8営業日で500億円近く増えた。株高の影響に加え、資金流入の拡大が残高を押し上げた。

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)の残高ランキングでは、16日時点でひふみプラスが10位に浮上した。2012年5月に運用を開始してからトップ10入りは初めて。昨年3月に上位100本に入った後、1年足らずで10位まで躍進した。

一方、11位に後退したのは「LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)」(53311119)。昨年前半は資金流入が目立ったが、新規受付を停止した後は残高が減少している。

この結果、残高上位10本のうち毎月決算型以外のファンドが3本に増えた。

「ひふみプラス」は地方銀行や地場の証券会社などで取り扱う投信。他に直販する「ひふみ投信」、確定拠出年金向けの「ひふみ年金」があり、3本は同じマザーファンドに投資している。

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  2. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  3. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  4. レオスが躍進、キャピタルも急浮上 野村アセットは首位維持 17年末・運用会社別投信残高

  5. 「野村ハイベータ日本株」750億円集める 野村証券が販売

  6. 投信残高、1兆円超のファンドがゼロに 毎月分配型から資金流出

  7. 日興アセット「グローバル・ロボティクス」、純資産総額がトップ10入り

  8. 投信残高、アセマネOne「ゼウス」が再び首位に 「フィデリティUSリート」陥落

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP