日興アセット「グローバル・ロボティクス1年」、残高が5000億円突破

 日興アセットマネジメントが運用する「グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)」(02311158)の純資産総額(残高)が5000億円を突破した。4日時点の残高は5016億円。国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)の中で10番目に残高が多い。

 同ファンドは、ロボットを製作する企業のほか、AI(人工知能)やセンサーなどの開発に携わる企業も投資対象。昨年11月末時点での設定来リターンは49.69%。

 2015年8月に設定され、運用開始から4カ月で残高が1000億円に到達するなど資金が流入した。その後は停滞する局面もあったが、AIやロボットといったテクノロジー分野への投資が再び活発化。関連銘柄の株価上昇も追い風となり、再び資金を引き寄せている。

 同じマザーファンドに投資し、年決算回数が異なる「グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2回決算型)」(02312158)も4日時点の残高が3848億円と、増加傾向にある。

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 日興アセット「グローバル・ロボティクス」、純資産総額がトップ10入り

  2. 日興アセット「ロボティクス年2」の残高が初の5000億円台  大和投信「ロボテック」は4000億円突破

  3. 大和投信「ロボテック」、純資産総額が3000億円突破

  4. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  5. 東京海上AM「円奏会」、残高が初めて4000億円を突破

  6. ニッセイアセット「AI革命(為替ヘッジあり)」の残高、初の1000億円超

  7. 毎月分配型が減少、大幅増はひふみプラスなど 2018年上期の投信残高上位

  8. BNYメロン「モビリティ・イノベーション」が資金流入トップ 2018年上期の投信

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP