三井住友アセット「高成長インド・中型株式ファンド」、残高が1000億円に到達

 三井住友アセットマネジメントが運用する「高成長インド・中型株式ファンド」(79311118)の純資産総額(残高)が初めて1000億円に到達した。2011年8月の設定からおよそ6年3カ月で大台を超えた。8日時点の残高は1001億円。

 投資対象はインドの中型株式で、原則為替ヘッジはしない。11月末時点の1年リターンは35.76%。インド株式市場が好調であることに加え、今後の期待感から今年5月以降に資金流入が膨らんだ。インド関連のファンドは「野村インド株投資」(01312056)なども人気を集め、全般に残高の増加が続いている。

 

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

 

関連記事

  1. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  2. 三井住友アセット、残高増加と資金流入が首位 6月の運用会社別投信

  3. 投信残高の増加額はレオスが首位、2位に日興アセット 2017年度の運用会社別

  4. 東京海上AM「円奏会」、残高が初めて4000億円を突破

  5. 三井住友アセット「アジア好利回りリートF」、分配金を引き下げ 5年ぶり低水準

  6. 毎月分配型が減少、大幅増はひふみプラスなど 2018年上期の投信残高上位

  7. ESG投資の浸透で変わる企業経営 真価を問うアクティブ運用

  8. 第1回 QUICKが選ぶ「中長期投資にふさわしい投信」 ~運用成績を定量評価~

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP