「野村PIMCO・世界インカム戦略ファンド Aコース」、残高3000億円超に 2カ月で1000億円増

野村アセットマネジメントが運用する「野村PIMCO・世界インカム戦略ファンド Aコース」(01317164)の純資産総額(残高)が初めて3000億円を超えた。7日時点の残高は3012億円。9月下旬に2000億円に到達後、わずか2カ月あまりで1000億円を積み増した。

同ファンドは世界各国の債券が主な投資対象。2016年4月に運用を開始し、設定来のリターン(分配金再投資ベース)は7.7%。高利回りを求めて長期的な資産形成を見据えた資金が集まっているようだ。為替ヘッジ付きで年2回決算型のAコースの残高が最も多く、このほかに為替ヘッジの有無や決算回数が異なるB、C、Dのコースがある。

 

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. 4月の投信、ピクテが資金流入額首位 残高増加額トップは日興AM

  2. ピクテの「グロイン」初の残高首位 6513億円、「USハイ」抜く

  3. 「野村ハイベータ日本株」750億円集める 野村証券が販売

  4. 三井住友トラストAM、投信残高の増加額と資金流入額で首位(3月)

  5. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

  6. 「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

  7. ラップ口座特集② 大和「お金に色をつけていく」

  8. ラップ口座特集① 野村「ファンドラップは『商品』ではなく『サービス』」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP