三菱UFJ国際「いちよしジャパン・ベンチャー」、新規受付を停止

三菱UFJ国際投信は1日、同社が運用する「いちよし ジャパン・ベンチャー・ファンド」(0331117B)の新規申し込みの受付を一時的に停止すると発表した。11月17日に運用を開始して間もないが、純資産総額(残高)が145億円(11月30日時点)まで増えたため、運用効率などを踏まえて受付を取りやめる。

「いちよし ジャパン・ベンチャー・ファンド」の投資対象は、国内の中小型株のうち成長性が高く割安と判断される銘柄。当初設定額は87億円と、11月に新規設定された投資信託の中で2番目に多かった。販売会社は、いちよし証券と七十七証券の2社。現時点で受付停止日は確定しておらず、各販売会社の状況によって決める。

同ファンドの主要な投資先である「いちよし 公開ベンチャー・マザーファンド」の残高は11月30日時点で150億円程度。この残高が概ね220 億円に達すると見込まれた場合に受付を停止する。

三菱UFJ国際投信は発表資料で、受付停止の理由について「運用規模・運用効率等に加え、投資対象市場の規模および流動性などを総合的に勘案した結果」としている。

マザーファンドが同じ「いちよし 公開ベンチャー・ファンド」(T0331200B)も受付を停止する。同ファンドは2000年11月30日に設定され、2017年11月30日時点の残高は17億円。いちよし証券が販売している。
 
 三菱UFJ国際投信の発表資料はこちら↓

「いちよし ジャパン・ベンチャー・ファンド」のご購入お申込み受付の停止について
「いちよし 公開ベンチャー・ファンド」のご購入お申込み受付の停止について

(QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

関連記事

  1. 三菱UFJ国際「グロソブ」の残高トップ10落ち 17年半の記録途切れる 

  2. 三菱UFJ国際「グロソブ」、残高が5000億円割れ 資金流出続く

  3. インデックス型投信の断捨離進む? ブラックロックが「i-mizuho」刷新

  4. 三菱UFJ国際「花こよみ」が分配金減額 過去最低の30円に

  5. 野村アセット「野村インド株」、残高が7位に浮上 「グロソブ」を上回る

  6. 投信の分配金 元本取り崩し「容認」は3割弱、「否定」が5割近く 退職者層に調査・三菱UFJ国際投信

  7. つみたてNISA始動4カ月 金融庁が普及に腐心、金融機関は試行錯誤

  8. 三菱UFJ国際投信「基準価額」、QUICKが速報 公開APIから情報取得

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP