つみたてNISAの対象ファンド、ETFが初の届け出

 金融庁によると、来年から始まる積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)の対象となる投資信託について、1日時点で初めてETF(上場投信)の届け出があった。

 対象に追加されたのは以下の3本。いずれも大和証券投資信託委託が運用する。

・ダイワ上場投信-JPX日経400(04315143)※証券コード:1599
 ・ダイワ上場投信-トピックス(04315017)※証券コード:1305
 ・ダイワ上場投信-日経225(04314017)※証券コード:1320

 対象ファンドは1日時点でETF以外の公募投信が125本(インデックス投信が110本・アクティブ運用投信などが15本)。ETFを含めると合計で128本になった。

 ※金融庁の発表資料はこちら↓
 つみたてNISA対象商品届出一覧(運用会社別)

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 大和投資信託「iFree」 とんがった品揃え、個性が強み(インデックスファンドNAVI)

  2. 金融庁、新体制初の「つみップ」 運用5社の生の声に質問続々

  3. 個人が選ぶ投信の共通点は? FOY2017ベスト20を一覧比較

  4. 金融庁の本気度示す「つみフェス2019」 遠藤長官は強歩大会の前に登壇

  5. 上場延期のレオス、「ひふみ」の成長は踊り場

  6. ブロガー向けにiDeCo新プラン説明会 SBI証が三菱UFJ国際とタッグ 

  7. ニッセイAM<購入・換金手数料なし>、低コストにこだわり(インデックスファンドNAVI)

  8. アセマネOne「たわら」、幅広い販売網で存在感(インデックスファンドNAVI)

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP