「フィデリティ・USハイ・イールド」が分配金減額 最安値の30円に

フィデリティ投信が運用する毎月分配型の「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」(32315984)は、22日の決算で1万口あたりの分配金を前月より20円安い30円に引き下げた。昨年11月にも分配金を70円から50円に減らしており、1年ぶりの減額となる。今回の引き下げで分配金の水準は2005年3月に毎月決算に移行してから最低となった。

同ファンドの純資産総額(残高)は22日時点で9702億円と、国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)の中で3番目に大きい。前回分配金を引き下げた直後は解約が膨らんだが、今年1~9月は月間で資金流入超が続き、残高が1兆円を回復する場面もあった。ただ、基準価額は値下がりし、22日時点は3714円と前年比で4.15%下落した。

フィデリティ投信は22日付のレポートで、分配金を引き下げた理由について「安定した収益分配を継続するとともに、中長期的な基準価額の上昇を目指すため」と発表した。

 

 ※フィデリティ投信の発表資料はこちら↓
「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」 の分配金について

 

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

 

関連記事

  1. 「フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド」が分配金を減額 過去最低の70円に

  2. 「フィデリティ・USリート・ファンドB」が分配金減額 1年ぶり、最低の35円に

  3. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  4. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  5. 投信残高、アセマネOne「ゼウス」が再び首位に 「フィデリティUSリート」陥落

  6. 「フィデリティ・日本成長株」、残高4000億円を回復 約10年ぶり

  7. 投信残高の増加額はレオスが首位、2位に日興アセット 2017年度の運用会社別

  8. QUICKファンドスコアで投信比較! ひふみプラスが8、フィデリティ日本成長株は9

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP