投信購入のきっかけは「窓口」「外交員」【日経リサーチ調査④】

「投資信託(ETF,ETN,REIT,商品ファンド含む)」の取引を開始したきっかけ(情報源)は、「金融機関の窓口」や「金融機関の外交員・営業職員」と答えた人の割合が上位だった。日経リサーチが実施した調査で分かった。

年代別にみても、金融機関との接触が投信購入のきっかけの上位に入っている。50歳代以下は「金融機関の窓口」、60歳代以上は「金融機関の外交員・営業職員」が首位だった。

50歳代までの現役世代では、金融機関のホームページや雑誌の記事・広告など、非対面チャネルも投信購入のきっかけになっている。

※「日経リサーチ 生活実態調査データベース『データ・ア・ラ・モード』」のサイトはこちら↓
https://www.nikkei-r.co.jp/service/crm/alamode/

(QUICK資産運用研究所)

=⑤に続く


***************************
<アンケート調査概要>
・調査タイトル:「生活実態調査データベース『データ・ア・ラ・モード』定期調査 金融資産・銀行編」
・調査実施機関:日経リサーチ
・調査実施期間:2017年6月21~26日
・調査対象:15歳以上の一般個人男女
・調査地域:全国
・調査方法:インターネット調査
・回収サンプル数:8万8000サンプル
***************************

 

関連記事

  1. ロボアド「利用したい」は1割どまり 日経リサーチが調査

  2. 楽天証券、初心者向けに「対面型」の資産形成セミナー 

  3. 「つみたてNISA」の認知度は35.1% 三菱UFJ国際調べ

  4. 野村アセット、残高増加額と資金流入額で首位 9月の投信

  5. 日興アセット、資金流入額が3カ月連続の首位 8月の投信

  6. 投信の月次レポート、スマホでも見やすく 三井住友DS

  7. レオス「ひふみワールド」、当初設定額が51億円に

  8. 2019年度上半期の投信残高、5本が1000億円超の積み増し

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP