投信積立「利用している」、3.5%にとどまる【日経リサーチ調査②】

投信積立は長期の資産形成の手段として金融庁などが重要性を強調しているが、いまのところあまり浸透していないのが実情だ。2018年1月に始まる積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)が投信積立の普及につながるかが注目される。

調査結果によると、投信積立は年収や金融資産額が多いほど利用率が高い傾向があった。年代別にみると30代の3.9%が最も高いが、年代ごとのバラツキはそれほど大きくなかった。

「積立預金・積立貯金」を利用している人は全体の9.7%で、「投信積立」よりも利用率が高かった。

※「日経リサーチ 生活実態調査データベース『データ・ア・ラ・モード』」のサイトはこちら↓
https://www.nikkei-r.co.jp/service/crm/alamode/

(QUICK資産運用研究所)

=③に続く


***************************
<アンケート調査概要>
・調査タイトル:「生活実態調査データベース『データ・ア・ラ・モード』定期調査 金融資産・銀行編」
・調査実施機関:日経リサーチ
・調査実施期間:2017年6月21~26日
・調査対象:15歳以上の一般個人男女
・調査地域:全国
・調査方法:インターネット調査
・回収サンプル数:8万8000サンプル
***************************

 

関連記事

  1. 日興アセット、残高増と資金流入額で2ヵ月連続の首位 7月

  2. 投信の共通KPI、顧客の6割が含み益 「見える化」課題も多く

  3. 含み益の顧客、ゆうちょ銀76% 投信の共通KPI(159社・業態別一覧)

  4. ピクテの「グロイン」、残高の伸び最大 2019年上期

  5. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

  6. ラップ口座特集⑤りそな「身近な銀行で使いやすいサービスを提供」

  7. アセマネOne「日経225ノーロード」、3日間で110億円の資金流入

  8. 「円奏会」 年1回型も好調、残高2000億円を突破 東京海上AM

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP