投信積立「利用している」、3.5%にとどまる【日経リサーチ調査②】

投信積立は長期の資産形成の手段として金融庁などが重要性を強調しているが、いまのところあまり浸透していないのが実情だ。2018年1月に始まる積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)が投信積立の普及につながるかが注目される。

調査結果によると、投信積立は年収や金融資産額が多いほど利用率が高い傾向があった。年代別にみると30代の3.9%が最も高いが、年代ごとのバラツキはそれほど大きくなかった。

「積立預金・積立貯金」を利用している人は全体の9.7%で、「投信積立」よりも利用率が高かった。

※「日経リサーチ 生活実態調査データベース『データ・ア・ラ・モード』」のサイトはこちら↓
https://www.nikkei-r.co.jp/service/crm/alamode/

(QUICK資産運用研究所)

=③に続く


***************************
<アンケート調査概要>
・調査タイトル:「生活実態調査データベース『データ・ア・ラ・モード』定期調査 金融資産・銀行編」
・調査実施機関:日経リサーチ
・調査実施期間:2017年6月21~26日
・調査対象:15歳以上の一般個人男女
・調査地域:全国
・調査方法:インターネット調査
・回収サンプル数:8万8000サンプル
***************************

 

関連記事

  1. 投信、相性の良い組み合わせは? 7月末時点の「相関係数」一覧

  2. 三井住友アセット、資金流入2カ月連続の首位 7月の運用会社別投信

  3. 大和「ダイワ・USリートB」、分配金を40円に減額

  4. 大和「ダイワ米国リート(毎月)」、分配金を50円に減額

  5. GS「ネットウィンA」の残高が1000億円突破 設定19年目で

  6. 野村AM、「ブランド」「分かりやすさ」で低コストと一線(インデックスファンドNAVI)

  7. アムンディ「日興レジェンドイーグル」が分配金を減額 5年半ぶり低水準

  8. 「未来の世界(年2回)」の当初設定641億円 今年2番目の大きさ、アセマネOne

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP