未経験者も「老後のために資産増やしたい」【個人意識調査(11)】

■「資産を増やしたい」が4割超

リスク性商品を保有・運用したことがない人は総じて資産形成・資産運用に及び腰なことが分かったが、「資産を増やしたい」という欲求がないわけではない。

「老後のために資産を増やしたい」という考えについて、「あてはまる」と「ややあてはまる」の回答が合わせて43.6%あった。「安定した生活を送るために資産を増やしたい」も合計で43.3%と、いずれも4割を超えた(添付「図3-5」「図3-6」参照)。

 

■それでも資産形成の必要性「感じない」が過半

ところが「資産を増やしたい」という欲求を抱えているにもかかわらず、資産形成・資産運用の必要性を感じていない人は多いようだ。

「老後のために資産を増やしたい」に「あてはまる」か「ややあてはまる」と答えた人に対して、「リスク性金融商品による資産形成・資産運用の必要性を感じますか」と質問した。すると、「あまり必要性を感じない」と「全く必要性を感じない」の答えが合わせて58.4%にのぼった(添付「図3-7」参照)。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投資のきっかけ、20代「ネット」60代「退職金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑪】

  2. 投資商品、重視するポイントは? 【個人の資産形成に関する意識調査⑩】

  3. 資産形成の必要性「感じる」増え49% 【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

  4. 年齢・年収あがるほど金融知識レベル高く 【個人の資産形成に関する意識調査③】

  5. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  6. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  7. 外貨建て保険、高い金利が魅力 【個人の資産形成に関する意識調査⑭】

  8. 税制優遇制度の認知度・利用度低く 【個人の資産形成に関する意識調査⑬】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP