リスク商品をやめた理由は「損をしたから」【個人意識調査(8)】

過去にリスク性商品を保有・運用したことがあるものの、現在はやめた人(回答者数:394人)にその理由を聞いたところ、「損をしたから(損をするのが怖くなった)」が最も多かった(添付「図2-3」参照)。

「取引が面倒だった」「商品内容がよくわからなかった」との答えも多く、煩雑な手続きや難しい商品設計が運用継続の壁になったとみられる。

また「他に資金が必要になった」のほか、「値動きを気にするのが嫌になった」「売買のタイミングがわからなかった」など、価格変動の大きいリスク商品への投資に疲れてやめた人もいた。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投資のきっかけ、20代「ネット」60代「退職金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑪】

  2. 投資商品、重視するポイントは? 【個人の資産形成に関する意識調査⑩】

  3. 資産形成の必要性「感じる」増え49% 【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

  4. 年齢・年収あがるほど金融知識レベル高く 【個人の資産形成に関する意識調査③】

  5. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  6. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  7. 外貨建て保険、高い金利が魅力 【個人の資産形成に関する意識調査⑭】

  8. 税制優遇制度の認知度・利用度低く 【個人の資産形成に関する意識調査⑬】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP