目的は「配当金・分配金・利子を得るため」【個人意識調査(5)】

リスク性商品を保有・運用したことがある人に対して、資産形成・資産運用を始めた目的を聞いたところ、全体では「配当金・分配金・利子を得るため」との答えが1番多かった(添付「表2-1」参照)。「長期の資産形成・資産運用のため」と、「老後・将来の生活資金のため」が続いた。

年代別でみると、年齢層が高くなるほど「老後・将来の生活資金のため」の回答比率が上昇した。また、20代は「投資の勉強のため」と「投資そのものが趣味のため」の回答比率がほかの年代と比べて高かった。

年収別では、収入が増えるほど「長期の資産形成・資産運用のため」の比率が高い傾向にある(添付「表2-2」参照)。また、金融資産保有額の多い層では「長期の資産形成・資産運用のため」のほか、「老後・将来の生活資金のため」との回答比率が上がった(添付「表2-3」参照)。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投資のきっかけ、20代「ネット」60代「退職金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑪】

  2. 投資商品、重視するポイントは? 【個人の資産形成に関する意識調査⑩】

  3. 資産形成の必要性「感じる」増え49% 【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

  4. 年齢・年収あがるほど金融知識レベル高く 【個人の資産形成に関する意識調査③】

  5. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  6. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  7. 外貨建て保険、高い金利が魅力 【個人の資産形成に関する意識調査⑭】

  8. 税制優遇制度の認知度・利用度低く 【個人の資産形成に関する意識調査⑬】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP