資産形成・運用「損をする」「怖い」 未経験者【個人意識調査(4)】

■リスク商品の保有未経験者はネガティブ印象

「資産形成・資産運用」に対するイメージを聞いたところ、リスク性商品を保有・運用したことがない人ほど「損をする」「怖い」といったネガティブな印象を持っている人が多いことが分かった(添付「図1-9」参照)。

「リスクが高い」「勉強が必要」との回答も多く、資産形成や資産運用に対する敬遠ムードがうかがえる。

 

■保有経験者は「勉強が必要」と自覚

リスク性商品を保有・運用したことがある人では、「勉強が必要」との答えの比率が最も多かった。「リスクが高い」と「商品が難しい」といったイメージも強い。

実際に運用したことがある人にとっては、資産形成や資産運用にはリスクがつきものだという実感に加え、商品の仕組みが難解との認識も深まった結果、「勉強が必要」だという自覚が芽生えたのかもしれない。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投資のきっかけ、20代「ネット」60代「退職金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑪】

  2. 投資商品、重視するポイントは? 【個人の資産形成に関する意識調査⑩】

  3. 資産形成の必要性「感じる」増え49% 【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

  4. 年齢・年収あがるほど金融知識レベル高く 【個人の資産形成に関する意識調査③】

  5. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  6. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  7. 外貨建て保険、高い金利が魅力 【個人の資産形成に関する意識調査⑭】

  8. 税制優遇制度の認知度・利用度低く 【個人の資産形成に関する意識調査⑬】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP