「分配金健全度」、上位10投信で平均25.7% 毎月分配型

国内公募の追加型株式投資信託の半分以上を占める「毎月分配型」。一定の金額を毎月受け取れる仕組みはシニア層を中心に人気が根強いが、その分配金は元本を取り崩して支払われているケースが少なくない。QUICK資産運用研究所が試算したところ、毎月分配型で純資産総額(残高)が上位10位に入るファンドの「分配金健全度(1年)」は、4月末時点の平均で25.7%にとどまった。

分配金健全度は1年前に購入した場合の分配金合計に占める「普通分配金」の割合を算出した。数値が大きいほど分配金の健全性が高いとみなす。この普通分配金は運用で得た収益(もうけ)から支払われ、それ以外の部分は元本を取り崩す「元本払戻金(特別分配金)」だ。

 

例えば残高が首位の「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 」(3231203C)の分配金健全度は32.4%。このファンドを1年前の2016年4月末(基準価額は5061円)に購入した場合、過去1年で支払われた分配金合計1020円のうち普通分配金は3割ほどで、残りの7割弱は元本払戻金(特別分配金)だった。

 

上位10本のうち、運用益だけで分配金をまかなえているファンドは1本もない。分配金健全度が最も低かったのは「ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 」(02313043)の6.3%。最高は「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」(32315984)の49.7%だった。なお、同じファンドでも購入した時期によって分配金健全度の水準は異なる。

関連記事

  1. アムンディ「日興レジェンドイーグル」が分配金を減額 5年半ぶり低水準

  2. 野村アセット「米国ハイ・イールド債券投信(レアル)毎月」が分配金を減額 過去最低の30円に

  3. 「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株」の毎月分配型、全コースで分配金を減額 過去最低に

  4. 三井住友アセット、資金流入2カ月連続の首位 7月の運用会社別投信

  5. 大和「ダイワ米国リート(毎月)」、分配金を50円に減額

  6. GS「ネットウィンA」の残高が1000億円突破 設定19年目で

  7. 野村AM、「ブランド」「分かりやすさ」で低コストと一線(インデックスファンドNAVI)

  8. 投信、相性の良い組み合わせは? 7月末時点の「相関係数」一覧

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP