リスク商品の保有経験、認識と実態にズレ【個人意識調査(1)】

■リスク性商品の保有経験は全体の29.9%

QUICK資産運用研究所が2016年12月中旬に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」で、リスク性金融商品を保有・運用したことがあるかどうかを聞いたところ、全体の29.9%が「ある」と答えた。「ない」と回答した人の割合(62.3%)を大幅に下回り、株式や投資信託などリスク性商品を活用した資産形成への取り組みがなお少数派にとどまっていることが分かった(添付「図1-1」参照)。

リスク性商品を保有・運用したことがあると答えた人のうち、保有・運用経験のある商品は国内株式が最多だった。投資信託、外貨預金が続いた(添付「表1-1」参照)。

■「未経験」者も株式・投信を保有

リスク性商品を保有・運用したことがないと答えた人の中でも、国内株式や外貨預金、投信の保有・運用経験がある人がわずかながら存在した。認識と実態との間にズレが生じており、リスクを意識しないまま金融商品を購入している人がいるようだ。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投資のきっかけ、20代「ネット」60代「退職金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑪】

  2. 投資商品、重視するポイントは? 【個人の資産形成に関する意識調査⑩】

  3. 資産形成の必要性「感じる」増え49% 【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

  4. 年齢・年収あがるほど金融知識レベル高く 【個人の資産形成に関する意識調査③】

  5. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  6. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  7. 外貨建て保険、高い金利が魅力 【個人の資産形成に関する意識調査⑭】

  8. 税制優遇制度の認知度・利用度低く 【個人の資産形成に関する意識調査⑬】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP