セコム(9735) 19/3期は7期振りに営業減益へ。システム・人への集中投資で基盤整備を実施

QUICK企業価値研究所アナリスト 前田俊明(2018/05/23)

・19/3期は3%増収、7%営業減益を予想
 同社は2030年を一つのターゲットとして、「セコムグループ2030年ビジョン」を推進している。このビジョンのもと様々な施策に取り組んでおり、2030年に向けた成長をさらに確かなものにするため、新たに「セコムグループロードマップ2022」を策定。この中で、19/3期、20/3期は持続的成長のための将来に向けた基盤整備を行う年にするとともに、新たな価値創造による新事業の創出・育成や既存業務の拡充を進める。2年間で「人への投資」と「システム投資」を集中的に実施する。同社では、19/3期は売上高が1兆円の大台に到達するが、12/3期以来7期振りに営業減益を見込む。
 企業価値研究所は基盤整備のための先行投資などを勘案すると会社計画は概ね妥当な水準と判断し、同額の予想とする。

・20/3期は投資成果が段階的に現れると期待
 当研究所は20/3期の連結業績について、前期比3%増収、同3%営業増益を予想する。基盤整備のための先行投資が続く見通しだが、初年度ほど費用負担が増えないと想定する。投資成果が段階的に現れると期待し、緩やかながら営業増益に戻ると予想する。

・リスクファクター ~法人顧客の業績動向

・アナリストの投資判断 ~上値の重い展開が続くとみる
 当研究所予想を基にしたPERは19/3期、20/3期ともに21倍。将来の成長加速に向けた先行投資の増加が主因とはいえ、利益面では踊場を迎えている。指標面での割安感もないことから、投資の成果が利益成長に結びつくまで上値を切り上げる展開は見込みにくい。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、日本橋・新宿改装、五輪効果で21/3期営業利益400億円見込む

  2. 中部電力(9502) コスト削減の進展により今期も経常増益へ

  3. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 既存店売上高の伸びに陰りなし、今期営業実質35%増益見通しに増額

  4. 伊藤忠商事(8001) 19/3期は18%の最終増益を予想。着実な増益続く見通し

  5. 清水建設(1803) 19/3期は完工高の増加などで連結営業1割増益を予想

  6. 富士フイルムホールディングス(4901) ゼロックス社との経営統合を想定から外すが今期以降は営業増益が続く見通し

  7. みずほフィナンシャルグループ(8411) 最終利益は底堅い推移が続くとみる。今期会社計画はやや高い印象

  8. 武田薬品工業(4502) 今期は減収・減益予想。約7兆円を投じてシャイアー社を買収

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP