任天堂(7974) 「Switch」の普及やデジタル化をテコに利益成長が続く見込み

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/05/21)

・新しいゲーム体験提案でライト層取り込みが進めば「Wii」を超える持続的成長へ
 企業価値研究所は「Switch」の普及やデジタル流通への構造変化をテコに利益成長が続くとみて、連結営業利益を今期2825億円、来期3975億円と予想。来期は「DS」「Wii」全盛期以来の高水準へ。リモコンによる直感的操作がライト層に支持された「Wii」同様、「Switch」も「Joy-Con」による「おすそわけ」プレイや直感的操作が可能。「Joy-Con」をラケットに見立てる『マリオテニス』新作やeスポーツに適した『スマブラ』新作も勘案し、今・来期の「Switch」ソフト販売想定を上方修正。ハード販売想定は今期2250万台、来期2400万台を据え置くが、『ポケモン』、『スーパーマリオブラザーズ』の投入時期次第で普及加速も。さらに、「Joy-Con」の機能活用や『Nintendo Labo』のような発想による新しいゲーム体験の提案でライト層の取り込みが進めば、「Wii」を超える持続的成長へ。一人1台が実現すれば、「Switch」の潜在市場は一段と拡大しよう。

・長期間かけての販売本数積み上げが可能に
 欧米中心にパッケージからの移行が進むデジタル販売は利益率が高いうえ、長期間かけての販売本数積み上げが可能に。追加DLコンテンツでは収益貢献や高稼働維持による更なる商機も期待される。9月から始まる「Switch」のオンライン課金も利益を押し上げる見通し。

・リスクファクター ~大型ソフトの空白期間など

・アナリストの投資判断 ~「E3」で発表される最新情報への期待感が膠着相場からの脱却を後押しへ
 来期PERは18倍(当研究所予想)と割高感はない。米ゲーム見本市「E3」初日(6/12)に発表される最新情報への期待感が膠着相場からの脱却を後押ししよう。特に『ポケモン』新作(18年以降発売予定)の情報更新に期待。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 任天堂(7974) 3Qの大型3作を起爆剤に「Switch」ハード販売が再加速へ

  2. 任天堂(7974) 「Joy-Con」活用などによる新たな遊び方提案で「Switch」の更なる躍進も

  3. 任天堂(7974) 「Switch」がファミリー、ライト層を取り込む段階に入るとみて業績予想を増額

  4. オリエンタルランド(4661) 「TDS」拡張が通年寄与する24/3期にかけ年率9%の営業利益成長を予想

  5. 旭化成(3407) 通期業績予想を上方修正。今期は2桁近い営業増益に

  6. コナミホールディングス(9766) eスポーツを含む様々な分野でのIP活用が持続的利益成長を後押しへ

  7. トヨタ自動車(7203) 底堅い業績推移を予想。自己株式の継続的取得も前向きに評価

  8. 東海旅客鉄道(9022) 新幹線の利用増加で今・来期と緩やかな増益局面が続こう

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP