清水建設(1803) 会社側が18/3期通期の業績計画を修正。当研究所予想も同額に見直し

QUICK企業価値研究所アナリスト 細貝広孝(2018/04/26)

・完工粗利益率が改善。会社側は利益計画を増額
 会社側は4月25日、18/3期通期の連結業績を見直した。売上高は前回計画(18年2月)から806億円減額の1兆5194億円(前期比3%減)とする一方で、営業利益は同248億円増額の1213億円(同6%減)に見直した。設計施工案件などで施工効率が向上したほか、施工現場での原価改善効果、労務・資材価格が想定したほど上昇せず、完工粗利益率が想定を上回って改善した。

・当研究所の予想も会社修正計画と同額に見直し
 企業価値研究所では、決算が確定した時期における会社側の業績予想修正であるため、18/3期通期の業績予想に関しては会社側修正値と同額に修正する。続く19/3期および20/3期の連結業績に関して当研究所では、暫定的に前回予想(18年3月)を据え置く。ただし、18/3期の完工高が当研究所の想定を下回り、手持ち工事が前回想定以上に拡大しているため、19/3期、20/3期ともに業績見通しは上方修正含みではあるが、18/3期実績および19/3期会社計画などの詳細を確認したうえで予想を見直す。

・リスクファクター ~労務費、建設資材の価格上昇

・アナリストの投資判断 ~中期的な増益基調を確認で上値切り上げ見込む
 株価は12年末以降、上昇トレンドが継続し、15年8月には1237円の高値をつけた。その後は株式相場全体の下落を受けて伸び悩んだが、17年4月以降は好調な業績を背景に上昇基調を強め、11月には1991年以来の水準となる1396円の高値を付けた。しかし、株式相場全体の下落などを背景に、足元の株価は1000円近辺で推移している。当研究所では中期的に営業増益基調を見込んでいる。当研究所の見込みどおり、中期的に強気なガイダンスが示されれば、再度、上値を切り上げる公算が大きいと考える。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 6/19の配信レポート一覧:メルカリ(4385)、田辺三菱製薬(4508)、東京急行電鉄(9005)、他

  2. 6/18の配信レポート一覧:鹿島建設(1812)、三越伊勢丹ホールディングス(3099)、住友金属鉱山(5713)、他

  3. 6/15の配信レポート一覧:大林組(1802)、ツムラ(4540)、三菱マテリアル(5711)、他

  4. 6/14の配信レポート一覧:日本マクドナルドホールディングス(2702)、DOWAホールディングス(5714)、住友電気工業(5802)、他

  5. 6/13の配信レポート一覧:戸田建設(1860)、フジクラ(5803)、NOK(7240)、他

  6. 6/12の配信レポート一覧:清水建設(1803)、三井物産(8031)、住友不動産(8830)、他

  7. 6/11の配信レポート一覧:富士フイルムホールディングス(4901)、古河電気工業(5801)、日本発条(5991)、他

  8. 6/8の配信レポート一覧:エーザイ(4523)、ブリヂストン(5108)、住友ゴム工業(5110)、他

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP