三井金属鉱業(5706) 減損損失計上で18/3期は最終赤字へ。19/3期以降の当研究所予想は据え置き

QUICK企業価値研究所アナリスト 中村宏司(2018/04/02)

・18/3期の経常利益を65億円に大幅減額
 3月28日、会社側は18/3期通期の経常利益を410億円→65億円(前期比79%減)、純損益を260億円の黒字→85億円の赤字(前期は187億円の黒字)と従来計画を下方修正した。カセロネス鉱山の生産性改善が遅れていることから持分法適用関連会社で減損損失約345億円を計上することになったことを修正理由として挙げている。企業価値研究所でも減損損失の計上を考慮して18/3期通期の経常利益を417億円→65億円(前期比79%減)と従来予想を下方修正した。

・19/3期以降は機能材料事業の伸長で増益を予想
 19/3期以降の業績予想は従来予想を据え置いた。カセロネス鉱山の生産性改善が遅れている影響を減損による固定費負担の減少で補えると考えている。19/3期以降は機能材料事業の伸長により増益を予想。機能材料事業では、電解銅箔と自動車排ガス用触媒の販売増を見込んでいる。

・3Q累計は機能材料事業の伸長で88%経常増益
 18/3期3Q累計の経常利益は前年同期比87.7%増の331億円。機能材料事業の採算が大幅に改善し、全体の経常増益に貢献した。

・リスクファクター ~非鉄金属市況、電子部品の動向

・アナリストの投資判断 ~19/3期以降の利益成長に合わせて株価は緩やかに上昇へ
 株価指標面では、19/3期当研究所予想連結PERは8倍と同業他社平均9倍に比べやや割安な水準にある。19/3期以降の利益成長に合わせて、株価は緩やかに上昇に向かうものと考える。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 三井金属鉱業(5706) 亜鉛価格の前提を引き上げ、当研究所予想を上方修正

  2. 高島屋(8233) 会社長期目標の営業利益500億円、ROE7%以上への道筋みえない

  3. 久光製薬(4530) 「サロンパス」を中心に一般用は順調だが、医療用が苦戦

  4. オーエスジー(6136) 1Qは好スタート。主要な地域、産業で工具需要が堅調

  5. 不二越(6474) 材料価格上昇等でコストが増加気味。売上高や受注は悪くない印象

  6. 川崎重工業(7012) 車両事業で損失を計上。18/3期の最終利益は減益へ

  7. 国際石油開発帝石(1605) 減損損失等の計上を発表、18/3期純利益は一転減益へ

  8. 日本オラクル(4716) 企業の情報化投資旺盛で最高益更新続く見込み

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP