三井住友フィナンシャルグループ(8316) 経費コントロールが効いている点を評価 当研究所の利益予想を維持

QUICK企業価値研究所アナリスト 柊宏二(2017/12/12)

・会社計画よりやや強めの今期利益予想を据え置く
 18/3期上期の連結純利益は前年同期比17%増の4202億円。会社通期計画6300億円に対し67%の進捗で、相対的にみてもまずまず良好。いくつかの特殊要因はあったが、メガバンクの中で唯一、収益動向を示す連結業務純益が増加。経費コントロールが効いており、相対的に経費率が低い(収益力が高い)状況を維持しており、評価できる。企業価値研究所の前回の18/3期連結純利益予想は会社計画よりやや強めの6500億円。今回この予想を据え置く。収益環境は厳しいが、会社計画は与信費用などが保守的とみている。

・業務改革進め4000人分の業務量を削減する方針
 当研究所の来期、再来期の利益予想も維持。経費コントロール力などを踏まえ緩やかな増益を見込む。同社は業務改革等で今後4000人分の業務量を削減する方針。他社の構造改革の内容にやや見劣りする感はあるが、すでに経費率が低いこともあり、特段問題視する必要はないとみる。今期は増配を計画。配当は相応に高水準だが、自己株取得は依然実施していない。

・リスクファクター ~外債損失、与信費用、規制等

・アナリストの投資判断 ~徐々に底堅さを増す展開を予想
 株価は直近では年初来高値圏で推移する。現状の当研究所の18/3期予想に基づくPERは10倍程度、実績PBRは0.6倍台。同社のここ数年の平均的な水準と比べPERはやや高いが、PBRに依然割高感はない。影響が大きい米国長期金利は今後徐々に底堅さを増す展開を予想。日銀の政策変更への期待等も背景に、同社株価も徐々に底堅さを増す展開を予想する。新規制が最終合意し、自己株取得への期待が高まっている点もプラス。依然3%台と高い配当利回りは総合的にみて一定の訴求力を有するとみる。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 竹内製作所(6432) 欧米の販売が好調で1Qの業績は好スタート。受注も大幅拡大

  2. イオン(8267) 21/2期にかけて年率9%の営業利益成長を予想、アジア構成比が上昇へ

  3. J.フロント リテイリング(3086) 今期事業利益は6%増へ、不動産の貢献に加えインバウンド需要も続伸

  4. 日本オラクル(4716) 注力するクラウド事業の高成長続く。利益貢献高い保守・サポートも安定成長

  5. 東京急行電鉄(9005) 渋谷ストリームの開業経費の計上などで今期は7%営業減益を予想

  6. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、日本橋・新宿改装、五輪効果で21/3期営業利益400億円見込む

  7. 中部電力(9502) コスト削減の進展により今期も経常増益へ

  8. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 既存店売上高の伸びに陰りなし、今期営業実質35%増益見通しに増額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP